ことりすと

鳥が大好き!ヨウムとオカメとコザクラ三昧
-

あれから一年経ちました

2015年7月21日にヨウムのピノが虹の橋へ旅立ってからもう1年が経ちます。

一日も忘れたことはなく、今でもずっと大好きな気持ちは変わりません。


ピノの後を追うようにモモが2015年10月8日に永遠の眠りにつきました。

モモイロインコのモモ

モモもピノが亡くなる前からずっと調子が悪く病院に通っていたので、覚悟はしていたものの…昨年はつらい事が続きました。

ピノやモモの動画を見るのもつらくて無理だったんですが、最近になってやっと見れるようになりました。

少しは心の整理ができたのかなぁ。。。






時間は前後しますが昨年2015年5月に新しい子をお迎えしていました。

コザクラインコのオーストラリアンシナモンオパーリン、ゆずぽんです。

コザクラインのゆずぽん1

ピノのことがあったので紹介がすっかり遅れてしまいました。


こんなに小さかったゆずぽんも今ではすっかり…


コザクラインコのゆずぽん2

面白い子に育っています(≧∇≦)

コザクラインコのやんちゃな動きは見ていて楽しいですね!

性別はわからなかったんですが、卵を生んだので女の子確定です(*´艸`)

コザクラインコはおしゃべりはしないと思っていたんですが、名前を呼ぶとどうやら「ゆずぽん」と言っているのか「ゆじゅピィィィィ↑↑↑」と言うので、こちらの方がつられて「ゆずぴー」と呼んでいます。


オカメインコWFパールパイドのシャンティもあいかわらず良い子ですよ!

オカメインコのシャンティ

そしてノーマルオカメのシナモンもあいかわらず怒りオカメです><

ノーマルオカメインコのシナモン

怒ってても噛まれても、元気ならそれで幸せ(*´艸`)うんうん






先月、ヨウムの雛(生後4ヶ月♂)をお迎えしました(*´ω`*)

ヨウムのぱぴこ

男の子だけど「ぱぴこ」です。

お迎えした時は落ち着いたおっとり男子だと思ってたら、環境に慣れたら超アクティブ!

先日体重540gを超えたがっちりさん。

同じヨウムでもピノとはまた性格も食べ物の好みも行動も全く違っていて、毎日が成長と発見の日々です(*´ω`*)

スポンサーサイト
-

ピノが旅立ちました

一ヶ月前の2015年7月21日

ピノが虹の橋へ旅立ちました。

直接お電話や手紙、メールやLINEなどではげまして下さった方々。
またこのブログを読んで気にかけて下さった方々。

本当は直接一人ひとり御礼を申し上げたいところですが、このような形で報告となってしまい申し訳ありません。

ヨウムのピノ

何度も何度も更新しようとしては涙が出てきて更新できませんでした。

今もまだつらい気持ちは変わりませんが、やはりピノを心配して直接連絡を下さった方も多かったのでいつかはご報告を、とずっと気になっていました。

お世話になった皆様本当にありがとうございました。


ピノのお骨は上くちばしがしっかり残っていました。
ペット霊園へ火葬に行く前に、トレードマークの赤い尻尾を1本だけ切って手元に置くことにしました。
それを見るたびに、あぁ、ピノは存在していたんだなぁ、夢じゃなかったんだと思っています。

ヨウムのピノ

いつもの位置にピノはもういません。

ヨウムのピノ

読むとちょっと楽しくなるブログを目指していましたが、今日だけは弱音を吐くことをお許しください。

飼い主として3歳の誕生日を迎えてあげることができなかったことの悔しさ、悲しさが日々つのります。
私と出会ってしまったことがピノの寿命を縮めてしまったんじゃないか、もっとできることがあったんじゃないか…。
今までに飼った鳥たちにも何度となく思った事。

いつかはお別れの時が来ることはわかっているけど、早すぎるお別れが今は本当につらいです。


ピノ、いままで笑顔をありがとう。
虹の橋でまた会いたいね。

-

経過報告(ヨウムのピノの病気)

ご心配をおかけして申し訳ありません。

前回ブログを更新した後、一進一退の状態が続いていたんですがひとまず落ち着いたのでご報告です。



10月26日

ヨウムのピノ麻痺

時々全身の痙攣を起こすことが続いていて、特に右半身がうまく動かないようでした。
この写真の右足も、ちょっと変ですね。

この日の夜は15~30分おきに痙攣の発作が出て、カゴの中では暴れた時に羽がケージや止まり木にひっかかり危ないので、ケージの外で寝かせることにしました。

ヨウムのピノ病気1

体がうまく動かないからなのか、頑なに立ったまま寝ようとしていたので、ちょっとでも楽になるようにタオルで周りを固定しています。

ヨウムのピノ病気2

大きめのタオルで『土手』をつくりました。

発作が出る直前には呼吸が荒くなるので、暴れる前にすかさず抱っこして、落ち着いたらまたタオルで固定です。
この日は一晩中そんなことを繰り返していました。

抱っこするたびに、正直もうお別れかもしれないと覚悟していました。

10月と11月は何回病院へ行ったかわかりません。
本当はお休みの予定だった先生に泣きながら電話して、無理をお願いして診てもらった日もありました。

検査の結果も10月の終わりに出たんですが、オウム病(クラミジア)、PBFD、BFD、ABVボルナウイルス?の検査結果はすべて陰性でした。

できる検査はほとんどしていただいたんですが、結局原因はわからず><


11月前半はずっと動かず、薬をさし餌にまぜて飲ませる日々が続きました。

ある日、栄養価の高いご飯をyumityさんに教えていただいたんですが、そのご飯に変えたらとても気に入って食べてくれるようになりました。
その頃から少しずつ元気が出てきたように思います。


痙攣や麻痺症状は少しずつ治まってきたんですが、またまた新たな症状が出てきてしまいました。

ヨウムのピノ斜頚?

斜頚になってしまいました。
さし餌を食べる時もこの通りで、常に首を傾けたままです。

おしゃべりもほとんどせず、おしゃべりしても『ろれつ』が回らずちゃんと言葉になりません。
今までのパターン的に何が言いたいのかは私達家族にはわかりましたが…。

ヨウムのピノの顔が腫れる

この写真、顔(目の周り)が腫れているのがわかりますか?

日によって違うんですが、足の腫れがひいたと思ったら今度は顔が腫れたり翼が腫れたり。

原因がわからないのでどうしようもなく、ただただ肝臓の機能を助ける薬とビタミン剤を飲ませることしかできない事が本当にもどかしかったです。


でも、12月に入ってからのピノは、見違えるように元気になりました!

ヨウムのピノ病気克服!

まだまだおしゃべりの言葉がはっきりしないことと、脚の力が弱いことが気がかりですが、10月や11月の様子に比べたら格段に元気になってきています。


拍手コメやメッセージ、LINE等で励ましの言葉やアドバイス、またお見舞いの品々をたくさんの方にいただきました。
本当にありがとうございます。

そして滅多に更新しないのにこのブログを読んでいただいている方、気にかけてくださっている方すべてにお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。


-

ヨウムのピノが原因不明の病気に…

このブログの更新が滞るのはいつものことですが 笑

実は先月からヨウムのピノの調子が悪く、数日間ピノの声が出なくなっていました。

風邪かも?ということで抗生物質を処方していただいて一旦は落ち着いて声も出るように。
でも、ピノの声がまるで声変わりしたかのように低くなってしまいました。

それでも元気にしていたので様子を見ていたのですが、今度は毛引きが再発><

でも、いつもの毛引きと様子が違っていました。

抜く部分がかなり限定的だったのと、白いふわふわの羽毛まで抜いて完全に”鳥肌”が見えているし。
今までは毛引きしてもふわふわの羽は抜かずにヒナのような状態でした。

これはおかしいということでまた病院へ。

一瞬ですが何かできもののような物もできていたんです。

ピノのできもの1

何か分泌物の入った袋のような、マッチ棒の先ぐらいの小さなできものでした。

ピノのできもの2

病院に着いた時にはすでに潰れてしまったのかできものは消えていました。

それ以降、ブログに写真を載せるのもちょっと躊躇してしまうぐらいひどい毛引きになっていき…


先週突然、ピノは半身麻痺を起こしてしまいました。

突然というのはちょっと違うかもしれません。
その数時間前の放鳥中に突然テレビに向かって突っ込んでいったので、もしかしたら頭を打ったのかもしれません。
その時はいつもの様子と変わらなかったので、念のためカゴへ戻して様子を見ていたところでした。

夜になって左足をピーンと伸ばしたまま止まり木から落ちたピノを見て、慌てて病院へ連れて行きました。
運悪く、いつものかかりつけの先生は休みなのでいつもとは違う病院ですが、ちゃんと鳥を診ていただける病院です。

レントゲンの結果は骨折や打撲のような症状は無かったんですが、痛み止めの注射を打っていただいたようです。

その日からは数日間、真夜中に突然絶叫していました。
ヨウムは頭がいいので、検査のことや注射のことを思い出したのかもしれません。

次の日はかかりつけの病院が休診日だったので翌々日に連れていき、念のため肝臓の働きを助ける薬(これは健康な鳥が飲んでも不都合はないそうです)と、ビタミンの混合薬をいただきました。

その時、右の翼の内側に少し腫れている所があったそうです。
やっぱりぶつかったことによる一時的なものかも…
ということで、怪我が治る一般的な期間の2週間後にまだ腫れていたら精密検査ということになりました。
それが5日ほど前のことでした。


…と思っていたら昨日!

※注意※ お腹の毛引きがひどくて一部鳥肌見えています;;




ヨウムの浮腫

突然左足が腫れた!!

ピノは今回足まで毛引きしていたので気がついたんですが、これは羽が普通に生えていたら見えなかったかも…

もうこれは怪我が原因ではないんじゃないかと。


精密検査フルコース直後のピノがうらめしそうにこっちを見ています(ノ)'瓜`(ヾ)

ヨウム通院
げきおこやん…(´Д⊂ヽ

鳥が腫れる時というのは、中に空気が入っていて腫れてることがほとんどなのだそうです。
ピノのような水分の浮腫(むくみ)は珍しいらしい…

血液検査ですぐに結果の出るものの中では、特に原因がわかりませんでした。
少し貧血があってカルシウムも少なめ、逆にカリウムの値が少し高いこと。
肝臓や腎臓には深刻なダメージはなさそうです。

2週間前後で外部機関に出していただいた結果がわかります。
かなり色々な検査をお願いしました。


今、唯一の救いがペレットをちゃんと食べてくれること。

お薬はケイティーのexactにまぜて「赤ちゃ~ん」と言いながらスプーンで食べさせています。

最近いつも不安で、検査で待っている間も最悪のことを考えてしまい涙が出てきました。
ただただ、ピノに元気になってほしいです。。。


しばらくブログの更新ができないかもしれません。
って、更新がないのはいつものことよね~!笑

そんなことより、他の方のブログへのコメントがしばらくできないかもしれません。
その事がずっと気になっていたので、まだピノの不調の原因もわからないんですが今回更新しました。

落ち着いたらまた経過を報告したいと思っています。
(モモやシャンティ、シナモンは元気ですよ~)
う~ん、私自身少しまだ動揺しているみたい><

とか言いながらフラっと更新やコメントしているかもしれませんが。
他の子たちのネタは色々あるので 笑


とりとめのない長文なのに、ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

6

とうもろこしにびっくり

だいぶ前なんですがchikoさんのブログのマネして乾燥とうもろこしを作ったんです。

まるごと一週間ほどベランダで干したとうもろこし☆

乾燥とうもろこし

まるごと入れたら怖がるだろうな~と思いつつ

あせるヨウムのピノ

入れたよ!!まるごと!!
しかも皮ごと!


ピノは入る時なぜかとうもろこしの存在に気付かずすんなり入ってこっちがびっくり 笑


それでもなかなか近寄らず、2日ほどすぎ…
やっと遊び始めました 汗

ちょっとなれてきたピノ

皮の部分もパサパサになって、噛んで遊ぶのにも持って来い♪

とうもろこしの結末

最後は大満足の食べて(るのか?)遊べる一品でした(・∀・)

今も新たに2本、ベランダで乾燥を待っています~



次回更新は2014年9月11日0時を予定しています

お立ち寄りいただきありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。