ことりすと

鳥が大好き!ヨウムとオカメとコザクラ三昧
0

大型の鳥を飼う上で一度は通る(かもしれない)道

ヨウムに限らず大型(ヨウムは大型に含むのかな?><)の鳥を飼う上で、病院選びって難しくないですか?

先住のノーマルオカメインコのシナモンがお世話になっている、鳥さんにも強いと言われている獣医さん。
ヨウムのピノを飼ってすぐに健康診断に連れて行ったんですが…。


大暴れした挙句、ひたすら先生を噛み続け

「なんでオウムを飼おうと思ったんですか

と、何回「ヨウムです」と言ってもオウムと言い張る獣医さんに半ばキレられ 確かに大きなくくりではオウムだけどね。。。 、ものすごーーく遠い県外の病院を紹介され、とぼとぼと帰りました

オカメインコぐらいまでの鳥には確かに詳しくていい先生なんですが、ここでは診てもらえないようでがっかりやら悲しいやら。


別の日に違う病院を予約しました。

予約する時に
「ヨウムです。ちょっと大きいですがいいですか?他の病院にも断られたことがあります。」
と念を入れて行ってみたら、

「どこの病院に連れて行ったの?え?あそこ!?あの鳥に詳しい先生が無理って言ってるなら、うちでもちょっと…」
という反応

Σ(゚д゚lll)ガーン


そんなに難しいのかーーーー

結局何の検査もできず、診察代金すらいらない、カルテ作らないから。と言われ 相談には乗ってもらったし、一応カルテ作って下さい;;とお願いしてちゃんと支払いましたが 、またとぼとぼとピノと二人で家に帰りました


ちょっと遠いけど市外の獣医さんにも電話してみると

「あー、暴れるようなら麻酔しますけどいいですか?」

!!!

あー、えーと、ちょっと考えます(と言いつつ行く気にはならず。。。)

車で50分ほどの所に、他の方のブログでも見たことのあるヨウムを診れる獣医さんがいる病院に行こうかと思ったその時、ふと昔住んでいた家の近くの、文鳥を診ていただいた獣医さんを思い出しました。

その先生はとても親身になって、家でのケアのことや今後のことなど色々相談に乗っていただきました。

他の病院と同じようにヨウムであること、ちょっと大きめの鳥だということ、他の病院で断られたこと、などなど説明して予約して行ってみると…

それこそたっぷり1時間ぐらいかけて(その病院は院長先生の他にも多数獣医さんがいます)検査やらケアやら相談やらで、気になっていることも全部聞けて大満足


しかしその日のお会計は…


病院の計算書

え?え!?えぇっ!!!

か、かなりびっくりした

けど、ピノが男の子だということ、PBFDもBFDもクラミジアも陰性だということがわかったので、安心料だと思えば たっ、高くなんかないんだからね!!。。。。

しかし診察直後の彼は…もうかわいそうなぐらいボロボロでした


診察直後のピノ

少し遠いので、車酔いしたのかちょっと吐いてたし

これから毛引きの事について、獣医さんと相談したことなどもまとめて行く予定です。



↓ランキングというものに初めて参加してみました(/ω\)
 読んでいただいてありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotorist.blog.fc2.com/tb.php/4-599d0161
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。