ことりすと

鳥が大好き!ヨウムとオカメとコザクラ三昧
0

ヨウムのピノ毛引き対策試作品あれこれ

健康診断から10日ほど経った日に、検査の結果を聞くのと毛引きの相談のため、また動物病院へ行ってきました。

ここの獣医さんは鳥専門では無いながらも、あれから色々と調べてくださって先生なりの対策を考えて下さいました。

まずは王道ですが…


・おもちゃを増やして退屈な時間を作らない


おもちゃはネットショップで材料を買ったりおもちゃ自体を買ったりして、とにかく色んなおもちゃを増やしました。
基本的に足で持ってあそべるフットトイが多いかな?
ちょっと頭を使わないと中に入っているエサを食べられないようなおもちゃ、フォージングトイも購入しました

本来野生では一日をエサを探している時間に費やすことが多いはずなのに、いつでも目の前にエサや飲み水があり、他にすることがないとやっぱり自分の羽をプチプチちぎってしまうことに…。
ちぎってカミカミしてみたら、「お!これはいい噛み心地」と思って癖になっちゃったんですねー、と先生。

おもちゃ自体は元々用意してあったんですが、今思うとちょっとバラエティに欠けていたかな…と反省。



その1週間後また、相談に行ったんですが、さらに色々と調べてくださったようです。

エリザベスカラーを着けるまではひどくない(ケガするまで自分を噛んだりしていない)ので、アメリカでよくある対策として

・服を着せる
・布のえりまき


を勧められました。


服はすぐに用意できないので、布のえりまき(厚手の布の中心に丸く穴をあけ、穴の周りに数箇所切れ込みを入れる)を作ることに。


そこで自作したのが…

えりまき試作1


えりまき試作品1号!

なぜか無駄に凝ってます。
しかも先生の言ってたのとちょっと違います。(こらこらっ)
要は、保護というよりも気をそらすための物らしいので、こんな感じでもいいんじゃないかという勝手な思いつき

ちょうど赤ちゃんのスタイのような感じで、気をそらすためのおもちゃのかざりも付いてる!
※後ろ側から見た写真
えりまき試作1の詳細



まずは慣れさせるために、ピノの定位置に置いてお披露目。


しかし…


かじられる試作品1






試着前に破壊(涙




なので、先生が仰ってた通りの物を結局作りました 笑


えりまき試作2号試着


物はこんな感じです。

試作品2号!

えりまき試作2号


これは写真で言うと十字型に4ヶ所に切れ込みが入っています。
ピノは体重400gと少し小柄で、穴は直径2.3cmぐらい、切れ込みは各1cmほど入れいています。
それでも少し大きいかも…。
ちなみにフェルト生地で作りました。

微妙に硬さがあるので、広がっちゃって下が見えにくそう。
もう少しやわらかい生地の方がいいかなぁ。

あんまり布を大きくしすぎると、歩くときに踏んでしまって逆にあぶないです



でも実は着ける時にあまりにも怖がるので、あんまり着けていません



って、それじゃ参考にならないじゃないかー!

ハイ、ごめんなさい
こういうのもある、ということで。。。


また近いうちに相談しに行ってきます


にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
読んでいただいてありがとうございます

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotorist.blog.fc2.com/tb.php/6-b72e65f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。